水素水の選び方を知る

基本は濃度がポイントです。ボトルに充填できる基準の値が1.6ppmになりますので、ここに注目して選ぶようにしましょう。研究結果から体に抗酸化作用をもたらすのは濃度がポイントであることがわかっていますので、比較的基準に近づける、最低でも1ppmといった高濃度の水素水を用いることが大切です。そこから毎日飲用できるコストパフォーマンスからも見ていくことが大切です。

パウチタイプの製品がおすすめ

手軽に水素水を飲用したいのであれば選ぶべき商品はパウチタイプの水素水になります。ただ一日に飲用するとなると、高濃度であれば200円以上するものも多く、コストパフォーマンスが良いとは決していえない価格です。ペットボトルタイプの製品は低価格で売られており、誰ても入手しやすいですが、肝心な濃度が低いことが多いです。ペットボトルは水素が通り抜けてしまいますので、販売されているときは0に近い数値になっていることも多々あります。お店で水素水を購入したいのであれば、パウチタイプの製品をおすすめします。

水素水はつくれる

サーバーで水素水を楽しむのも良い選択になります。活性酸素除去は短期間で行うものではなく、継続してするのが大切です。だからこそ続けられる環境を求めるようにするのも間違いではありません。そうみると水素水を作れるサーバーを用いるとコストパフォーマンスも良くなります。月々レンタル料が数千円ほどで始めることができ、毎日水素水を楽しむことができます。ただ何度も言うように濃度が重要ですので、高濃度の水素水を作れるサーバーを求めるのは言うまでもありません。

3つの水素水の作り方

水素水サーバーを用いるのあればサーバーの知識を持っておくことが大切です。大きくわけて3つの作り方で水素水を産生します。電極に水を通過させて電気分解で水素水を作る電解式、電気分解で取り出した水に圧力をかけることで作る飽和式、水とマグネシウムの化学反応で生じた水素を水に溶存させるマグネシウム触媒式があります。電解式は水に触れている電極の金属部分が水に溶け出すことがあり、マグネシウム触媒式は独特な臭いがすることから、おすすめなサーバーは飽和式になります。比較的高濃度の水素水を産生することができますので、良いサーバーになるでしょう。

高い濃度を産生できるサーバーほどレンタル料や買取金額が高くなります。濃度が少なくても活性酸素除去の効果はあるでしょうが、濃度こそが高い抗酸化作用をもたらしますので、せっかく飲用するのであれば、コストを受け入れて高濃度の水素水がおすすめです。

関連記事

    None Found

Comments are closed.