水素水がどのような製品であるのか

効能があるのはあくまでも水素が溶存されている量です。水素水が美容や健康に注目を集めており、各メーカーいろんな製品を開発販売していますが、残念な製品も多いのが特徴です。そのような製品を手にしないためにも、優れている水素水がどのような製品であるのかを知っておきましょう。

1.6ppmが基準

ポイントは最大水素溶存量が1.6ppmになります。これを基準にしてみてみると、ほとんどが満たさない製品になり、なかには1ppmを切っている水素水まであります。水素ガスを用いた研究結果でも心肺停止したマウスが蘇生し脳機能まで回復したのは、高濃度の水素ガスとなっていますので、水素水が持つ抗酸化作用の効果を引き出したいのであれば、この1.6ppmを基準にしてこれに近い製品を購入することが求められます。現在流通している水素水は、ペットボトル、アルミ缶とパウチタイプ、そしてサーバーでつくる水素水になります。

充填容器に注意を

満足できる水素水を引用したいのであれば、充填容器にも気を付けるようにしましょう。現在流通しているのはペットボトルとアルミ缶、そしてパウチタイプのものです。水素分子は大変軽く、そして小さな分子になりますので、ちょっとやそっとの容器ではすり抜けてしまいます。また開封してしまうと簡単に外に出てしまう分子ですので、いかにして水素を容器に留めておくことが大切です。ペットボトルは簡単にすり抜けてしまいます。購入するのであればアルミ缶やパウチタイプの水素水を手にしましょう。容器には必ずといっていいほど、水素が抜けにくいことをアピールしているはずですので、それを目安に購入すると良いです。

水素水をつくる

水素発生器で水素水を飲用できるタイプもあります。水素発生剤を水の中にいれるタイプです。スティックタイプが多く、マグネシウムと水を反応させることで水素を水に溶存させることができますが、不味いことで知られています。他にはサーバーを使うタイプの水素発生器もあります。水道水から水素水を作ることができるタイプや、ウォーターサーバーと兼用して使えるタイプの製品も。ただレンタル料金が掛かることが多く、購入するとなると大変高い値段になります。そうみるとお手頃なタイプは、市販で売られている水素水になるでしょう。

残念な水素水も多いことから、よく研究して優れた水素水を飲用するようにしましょう。ポイントは1.6ppmという溶存水素の量になりますので、これを基準に製品を選んでください。製品の容器には気を付けましょう。

関連記事

    None Found

Comments are closed.