救急救命医療にも活用される水素

抗酸化作用があることで水素が含まれている製品に注目が集まっています。活性酸素を除去する効能を持っており、生活習慣病やアンチエイジング、美容やダイエット効果にも優れていることから、女性を中心に関心が高い製品です。その水素が実は救急救命医療にも活用される時代が到来しようとしています。

水素の力

慶応大学のチームによると、心肺停止したネズミに高濃度の水素ガスを吸わせると蘇生しただけではなく、脳も守ることがわかりました。この研究結果を発表すると世界中で注目を集め、命を取り留めるだけではなく、脳障害からも守ることで画期的な研究結果になりました。心肺停止した後は脳機能が失われ、それにより言語障害や植物状態になることも多く、命を取り留めたとしても社会復帰できない人が多いです。そのようなことを防ぐことに期待を持たれているのが水素です。ただ効果を示すのは水素ガスの濃度がポイントになります。日常のなかで水素関連の製品を使用するときも、水素の濃度が重要になります。

他の病にも効能がある

また救急救命医療だけではなく、他の医療分野でも水素は注目を集めています。肝臓、腎臓といった器官から神経疾患やアレルギー症状にも効果があることが研究で分かっており、現在臨床実験が進んでいます。またパーキンソン病や脳の病気にも効果があることがわかっており、水素ガスを用いて病気の進行を止めるだけはなく、症状を改善する期待が持たれています。

抗酸化作用を持つ水素水

生活習慣病や病気を引き起こす活性酸素を取り除くのが水素です。その水素が持つ力が抗酸化作用になります。トマトや大豆なども代表的な抗酸化作用を持つ食材ですが、好き嫌いがあることでなかなか食べることができない人もいるでしょう。しかし水であれば、誰でも飲むことができます。最近はウォーターサーバーに水素ガスを発生させ、水に溶存させる水素水もあり、多くの人に親しまれています。スーパーやコンビニでも水素水が売られていますので、誰でも手にすることができる環境です。すべての人に生じる活性酸素の除去のために容易に用いる方法が水素水になるでしょう。ただ救急救命医療の現場でもあったように、濃度がポイントになりますので、溶存しているからという問題ではなく品質が問題になります。

あくまでも医療現場にこれから広く用いられる可能性になりますが、これから期待を持つことができます。誰でも手にすることができるのが水素水ですので、日ごろから取り入れて健康と美容に貢献する成分になるでしょう。

関連記事

    None Found

Comments are closed.