サーバーのメンテナンス

細菌が増えることで臭いが発生します。おいしい水のはずでしたが、実は水道水よりも細菌が増殖しているウォーターサーバーもある事実を知っておくべきです。そのうえで自分がウォーターサーバーのメンテナンスとして何ができるのかを知り、そこから選ぶべきメーカーを見つけることをおすすめします。

マシンのメンテナンス方法

自分でできるメンテナンス方法は実はとても少ないです。配管やボトルの差し口を定期的に拭いたり洗ったりすることしかできず、それだけで細菌が減るとは考えられません。もっと違ったメンテナンスをしなければ、細菌の増殖を抑えることができません。メーカーのメンテナンスを待つのもひとつの方法ですが、定期的にメンテナンスができる方法があればそちらを選んだ方が良いでしょう。サーバーの選び方によって、自分でできるメンテナンス方法があります。

クリーン機能がついているサーバーがおすすめ

オートクリーン機能がついているサーバーを選ぶことで細菌を減らすことができます。サーバーによってはその機能がついており、3日に1回程度そのボタンを押して機能を発動するだけで細菌の増殖を抑えることが可能です。ボタンを押すだけで簡単にクリーニングできる方法です。また水そのものを細菌が増えにくい商品にするのも一つの対策です。ウォーターサーバーとなるとガロンタイプの回収型のボトルを想像する方が圧倒的に多いですが、使い捨てのパックタイプも最近は増えています。空気に触れることが少なくなることで細菌も増えにくくなり、そして品質も保ってくれます。この2点に着目するだけでも、メンテナンスとして機能してくれるはずです。

条件で高性能のサーバがレンタル無料になることも

ただオートクリーン機能がついているようなサーバーは、レンタル料金が取られることも多いです。それだけ高性能のサーバーになりますので、メーカーもレンタル無料ではやっていけません。ただ水のセット数を増やせば、サーバーのレンタル料金が無料になるメーカーもあります。家族が多い家庭であれば、飲料水だけではなく料理にも使うことで、サーバーのレンタル料が無料になる条件を満たすことが可能になります。オートクリーン機能がついているだけでも細菌の増殖を抑えることが可能ですので、サーバーに欲しい機能として検討してください。
美容やダイエット効果、健康増進に期待を持てることから水素水を作れるサーバーも人気がありますが、細菌にも注意しておきましょう。人間に害が少ないとしても、なるたけ取り入れない方が良いはずです。サーバー選びに関心を持つことで、そのような問題からも解放されます。

関連記事

    None Found

Comments are closed.